自己破産ってなに?

自己破産とは、借金返済が不可能だという事を裁判所に申し立て、すべての債務(借金)を免除してもらう制度です。

けれども自己破産といえば悪いイメージがありますよね。
実はそう悪い事ばかりではないのです。

確かにブラックリストに載ることで、借入ができなくなりローンも組めないので、現金生活を余儀なくされますし、マイホームやマイカーも売却しなければならなくなります。
しかしブラックリストも5年から10年で登録は抹消されるし、連帯保証人になっていなければ家族はローンが組めることもあります。

そして一番のメリットは借金が”ゼロ”になることです。

毎月の金策や貸金業者からの催促の電話や督促状が一切なくなるのは、心に大きな安堵をもたらしてくれます。

まさにリセットボタンを押すようなもので、人生の再出発ができるチャンスなのです。

明日から悩まなくていいと思うとゆっくり睡眠をとることもできますよね。

自己破産は誰でもできるの?

ここで覚えていてほしいのが、すべての人が借金を免責してもらえるわけではないという事です。

免責不許可理由に該当する人は免責してもらえない可能性があります。

免責不許可理由とは

財産を隠していた
財産を破壊した
財産を事前に売却した
財産の価値を下げた
噓をついた
ギャンブルが原因で大きな借金をした
破産管財人等の職務を妨害した
過去7年以内に自己破産等で免責許可を受けた
などなど・・・

債権者(貸金業者)に不利益になる行為や虚偽の申請などを行った場合は免責不許可理由にあたり、自己破産が認められないことがあります。

免責不許可理由がある場合でも極めて悪質でない限り、裁判官が裁量で免責を認めてくれる場合がありますが、やはり裁判所に自己破産を認めてもらうためにも、誠心誠意何事も包み隠さず行動することが大事です。

自己破産は税金等を除くすべての債務を免除してもらう代わりに、一定以上の価値のある財産は手放すことになります。

持ち家、車など価値のあるものは売却して現金化し、借金に充当しなければなりません。

※生活上必要不可欠なものであるなどの理由により裁判所が特にそのまま所持することを認める場合もあります。

また、日常生活を維持していくうえで必要な家財道具はその範囲ではなく、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、寝具、衣料品等は手放す必要はありません。(ただし、高価なものはダメ)

自己破産の種類

自己破産には資産や借金の状況により「同時廃止」と「少額管財」という2種類があります。

同時廃止

そもそも破産手続とは、破産者の財産を現金化して、債権者に公平に弁済・配当するという手続です。ただし、そもそも現金化できる財産がない場合には時間や報酬などのあらゆるコストを抑えるため、破産手続開始決定と同時に、破産手続廃止決定がなされるとされているため「同時廃止」といいます。

つまり、同時廃止とは、破産手続を開始する段階から、すでに自己破産申立者に破産手続の費用を支払うだけの財産もないことが明らかであるときは、コストが無駄になるおそれがあるので、破産手続開始と同時に手続を廃止にしてしまうということです。

 

少額管財

少額管財とは
自己破産をする人に高額な財産がある場合や免責不許可事由ある場合に、裁判所から選任された破産管財人が財産や免責不許可事由の有無を調査する手続を軽減することを目的としたものが「少額管財」です。

そもそも、少額管財は破産法で規定された制度ではなく、あくまで破産法の範囲内で、できる限り手続の簡素化・迅速化を図ることにより、管財事件にかかる手間や費用に関する問題を軽減しようというのが狙いの制度です。

あなたの資産や借金の状況により自己破産の内容が同時廃止となるのか少額管財となるのか一概には言えませんので、まずは弁護士や行政書士に無料相談だけでもして確認してみるといいでしょう。

条件別で探す

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。